知る 始める 探す学ぶ

公式発表

・設立総会を開催しました。

⇒詳細ページ...


法人概要

定款[PDF]

21年度 事業計画書[PDF]

Home>はじめての方へ>農の未来ネットについて
NPO法人「農の未来ネット設立趣意」

わたくしたちはNPO法人「農の未来ネット」を設立することとしました。

その趣旨は、わが国の食料自給率向上を目標に農業経営の担い手を積極的に支援するとともに、新たに就農を望む人々にその道を切り拓く運動、さらには国内農産物の消費拡大を進めることです。運動の理念は、生産者と消費者及び行政と協働して、元気農業・いきいき農村を実現する運動を展開しようとするものです。

今日、わが国の食糧自給率は、先進資本主義国の中で最も低い状況にあります。地球温暖化の進行や世界の人口増加などを考えれば、自国の食料は自国で賄うことが、それぞれの国でも地球規模でも重要な課題になっています。しかしながら、わが国の農業・農村は農業従事者の減少と高齢化、農家の減少による限界集落の増加など、農業生産基盤の脆弱化が進み、このままでは食料自給率の向上を期待できない深刻な状況になっています。

したがいまして、農業の担い手への支援と新規就農の促進による農村の活性化と食料生産の増大、消費者に対する安全で安心な国内農産物の安定供給と消費拡大に、一体的に取り組むことが重要だと考えます。そのなかでも、核心になるのは、農業生産を支え向上させる「ひと」です。農業生産を支える意欲ある「ひと」を農業・農村地帯へ着実に誘い、農業への理解を得ながら、就農への道を確保・整備し、その促進を支援していくシステムが、今、求められていると考えます。

設立予定のNPO法人では、団塊世代などの意欲ある社会人や青年・学生などの農業・農村に興味と意欲を持つ人々を対象に「アグリ・ボラバイト事業」を構想しています。「アグリ・ボラバイト事業」は、各種農作業を体験して将来就農したい、農業・農村を理解したいという人々に対し、ボラバイト先がボラバイト希望者に一定の労働対価を支払い、お互いに責任と自覚を持ち、対等な立場で生産活動を協働するという、ボランティアとアルバイトの特徴を両方とも生かした働き方を目指すものです。

このように、このNPO法人が行う事業の特色は、単なる援農・農村体験などのボランティア活動とは異なります。ボラバイト事業を通じ、将来の新規就農者や農業・農村に対する真の理解者・応援団づくりを進め、わが国の食料自給率向上を実践の立場から着実に実行していこうとするものです。このほか、NPO法人では、生産者、消費者、行政職員などと連携し、国内農産物の産直情報の提供、農業事情等の調査研究事業、セミナー等の情報交流事業等を行い、日本の食料自給率向上運動に貢献します。

2008年3月28日

NPO法人「農の未来ネット」設立準備会代表

東京農工大学名誉教授(農学博士) 倉本 器征